ナチュラルキラー細胞を強化すれば新型コロナウィルスに打ち勝てる!?

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、ウィルスに感染した細胞を攻撃し破壊する免疫系の構成体の一つです。私たちの体の中にはいろいろな免疫細胞によって守られていますが、鼻・喉の粘膜防衛ラインをウィルスに突破されてしまった時に、まだ体に抗体やワクチンが無い時(つまり、新型コロナのような未知のウィルスが侵入してきた時)に主力として戦うのがナチュラルキラー細胞になります。

このナチュラルキラー細胞がウィルスとの死闘を制し勝ちどきを上げたときに体が『回復した』となります。

よく「免疫力をアップしましょう」というフレーズを耳にしますが、具体的には免疫細胞を強化・活性化し、侵入してくるウィルスに対する戦闘力をアップしましょう、ということになりますが、特に新型コロナのような未知のウィルスに対してはナチュラルキラー細胞の強化・活性化がウィルスとの戦いを生き残るために重要です。

褐藻類(主に海藻)に多く含まれる食物繊維の一つである「フコイダン」はナチュラルキラー細胞を活性化させる効果があると知られており、特にコロナ感染対策が日常化した現在、改めて注目されています。

フコイダンと聞いてもピンときませんが、海藻類のネバネバ成分です。モズク、メカブ、コンブ、最近ではアカモクが健康に良い食材としてテレビなどで紹介される機会が増えています。